ブサメンでも大丈夫|人妻に好かれる方法5つを解説【モテればやれる】

  • イケメンじゃないけど人妻とSEXしたい
  • 人妻に好かれたい
  • 人妻にモテる方法が知りたい

こういった悩みや疑問ってありますよね?

人妻ってイケメンが好きそう
家庭を持ってるから他の男を好きにはならないだろうなぁ

こうやって人妻を口説くのをあきらめてませんか?

あきらめなくて大丈夫です。人妻があなたに求めるのはルックスでも社会的地位でもありません。
この記事を読み終えた時にはあなたでも人妻に確実に好かれるコツが理解できるようになっています。

人妻を口説くのはハードルが高いとか、自分なんて相手にされないって思ってる人妻好きの男性向けの内容になってます。

人妻にモテる方法

勘違いしている人が多いので結論を先に言っておきます。

イケメン=モテる男ではない

これは間違いないです。モテるハードルは独身女性と若干違ってますので、そのへんを解説していきます。
人妻にモテる条件は以下のとおりです。

  • 親切
  • 会話が上手
  • 褒め上手
  • 清潔感がある
  • 愛情を注げる

ざっくり上記の感じです。これらを意識して実践していくと人妻にモテてSEXできるようになります。詳細は以下で解説します。

人妻に親切にすると好意を持たれる

親切な男はモテます。これはどの女性に対しても当てはまるんですが人妻の場合はより効果的です。なぜかというと、人妻は普段男性に親切にされることがほとんどないからです。

  • 親切な人は信頼できる
  • 親切な人には傷つけられない
  • 普段親切にされてない

人妻は上記のように思っている人が多いです。なので親切にしてあげることで人妻から好意を持たれることはそんなに難しいことじゃないってことです。

誰でも親切な男になれる

イケメンになったり、お金持ちになることは誰にでもできることじゃありません。なれたとしてもめちゃくちゃ時間と労力が必要です。

でも、親切な男にはあなたの意識次第で簡単になれます。なので、人妻に親切にしない理由はありません。それだけでモテるようになるんだから。

あなたも経験ありませんか?

もしかして気があるのかなぁ?

これが好意を持たれる第一歩。

 

まずは男女の意識をさせることから始めるのが効果的で、親切にするのはそう思わせるためのきっかけになりますよ。

親切にするには具体的にどんなことをすればいいのっていう人は以下の記事で親切にする方法や考え方を詳しく解説しているので参考にしてみてください。

会話がうまいと距離が縮まる

実際に人妻と会話しているときに、人妻を楽しませたり居心地よくさせることであなたとの距離が縮まり、信頼されてそれが好意につながります。

「会話で楽しませてくれる男→一緒にいるのが楽しい→好き♡」

こんな感じにしていけばOKってことです。

まずは聞き上手になればOK

「聞き上手な男はモテる」ってよく聞きますよね?じつが女性との会話で一番大事なことです。

なぜかというと女性という生き物は自分のことを見てほしい、注目してほしいっていう欲求があるからです。

人妻の話を聞いてあげる→人妻が気持ちよく話せる

これが大事で女性は自分の話を聞いてもらうたびに、話してる相手に対してどんどん好感を抱いていきます。

これは心理学では「自己開示」といわれてて、自分の情報を知っている相手に好感を抱くっていう心理法則が働いてるからなんです。

なので、聞き上手になって気持ちよく話してもらうことで、会話が盛り上がってあなたに好意を抱くってことです。

人妻にモテる男になるための会話のコツについては下記の記事で詳しく解説してるので、会話が苦手で悩んでるって人は参考にしてみてください。

褒め上手になればモテる

上手にほめることができると一気に好感度が上がります。
なぜなら褒められて嫌な気持ちになる人妻はいないからです。

これは老若男女問わず同じで、自分の事をちゃんと見てくれて認めてくれる人に好印象を持つのは自然の流れです。特に人妻は女性としての魅力を直接的に褒められる機会が減っているので効果的です。

具体的には何を褒めるの?

褒めるときのポイントは具体的に褒めることです。
なぜかというとどこを褒めているかわからないような曖昧な褒め方だとほぼ効果がなくなるからです。

悪い例

かわいいねぇ

こんな感じでざっくりした褒め方だと下記のようになりますよね?

ほんとに思ってる?誰にでも言ってるんじゃない?

「どこがかわいい?」って質問返しされるもありますよね?これは褒め方が悪いってこと。

いい例

その髪型似合ってるよ

ほんと?ありがとー

こんな感じで具体的に褒めて一発で伝わるように褒めてあげましょう。魅力にちゃんと気づいてますよ!っていうことをしっかり伝えるのがベストです。

下記の記事で「褒める」ことについてもっと具体的に解説しているので、もっと詳しい褒め方を知りたい人は参考にしてみてください。

清潔感があると好感度アップ

イケメンだったとしても清潔感がなければNGだし、ブサイクでも清潔感があればOKです。

  • 髪を整える
  • 髭をそる
  • 汚れてない服を着る

上記は必ずやっときましょう。これは誰でもできることですが、誰でもできるからこそちゃんとしておかないといけないってことです。

対人関係における当たり前のエチケットです。これができない人は人間関係全般うまくいかないことが増えるので修正していきましょう。

もちろん女性側の好みの問題はあるけど、清潔感のある男性は基本嫌われません。「ボサボサの髪が好き」とか「ひげが生えてる人が好き」って人も中にはいるけど、一部の人にしか好かれないようなスタイルだとそもそも落とすチャンスが減るのでおすすめしません。

髪型や服装は女性の好みに合わせる必要はない

髪型や服装は自分好みでOKです。なぜかというとそもそもこんなことに振り回される男性が一番かっこ悪いからです。もちろん女性の好みに合ってればベストだけど、それに振り回されて自分を見失うのはアウトです。

そんな男に人妻は魅力を感じないません。なので基本的な清潔感は押さえつつ、自分の好みで大丈夫です。

愛情を注げる男はマジでモテる

女性は愛情を注がれないと満足できない生き物です。「好きだ」とか「愛してる」とか言った言葉もそうだし「可愛いね」とか「優しいね」とか愛情を示す言葉を常に待っています。

でも、それがなかなか言ってもらえないのが人妻です。そういった言葉をもらわないと「自分は愛されてる」とか「女として認められてる」って感じられない人がめちゃくちゃ多いです。

私って魅力がないのよね

このように「女としての自信を失っている」状態の人妻ににあなたが言葉に出して愛情表現を表してあげたら、人妻の気持ちは一気にあなたに傾きます。これが不倫願望がない人妻が不倫に走る理由です。

自分の欲求を満たしてくれる人が現れれば気持ちがその人のほうを向く

 

これが女性の特徴です。特に人妻の場合はこれが顕著です。なのでこういった女性心理をうまく突いていくのが効果的です。

モテるコツをつかむには実際に人妻と話すことが必須

モテるにはちょっとしたコツをつかむことが必要ですが、それには実際に女性と話さないといけません。

なぜかというと、清潔感を出すのは自分だけでできるとしても、親切にすることや会話の経験を積むには実際に生身の人間と接しないとスキルが上がらないからです。

相手の反応がわからないとあなたの改善点が見つからないので当然です。なので、実際の女性と会って話すことで経験してスキルを上げましょうって話です。

経験を積むには出会い系サイトが必須

先述しましたが、方法を知っただけじゃ女性に好かれることはありえないです。
実際に生身の女性相手に経験を積まないとスキルアップはありえません。
ここでいう経験は以下のとおり。

  • 親切にする
  • 口説く
  • アプローチする
  • 会話で楽しませる

これをとにかく繰り返すことです。そこでボクがおすすめするのがマッチングサイトを利用することです。

出会い系サイトって怪しくない?

出会い系?怪しくない?って人もいるかもしれませんが、それは時代の波に乗れてません。

今や一人一台スマホを持ってる時代です。ネットで知り合うのが一番無難で確実な方法です。
それはなぜかというと出会い系サイトに登録している女性はこんな欲求があるからです。

  • 寂しい
  • 男性と出会いたい
  • かまってほしい

口説くまでのハードルが低いうえに初心者でもわりと口説くとOKをもらいやすい状態の女性がたくさん集まってるってことです。

下記の記事で人妻に出会いやすい出会い系サイトをランキング形式で解説しているのでよかったら確認してみて下さい。

スマホさえあれば始められて、だれでも簡単に口説けてしまう出会い系サイトはもはや必須です。

出会い系サイト使うか使わないかで今後の人生を左右するって言っても大げさじゃないです。

 

それくらい出会い系サイトは出会えるってことです。

 

まずはチャレンジしてみてください。もし失敗したとしても別に失うものもありません。その時は失敗の原因を探って改善すればいいだけの話です。こうしてスキルが上がっていきます。

 

むしろ成功すれば一気にセックスまでできちゃいます。なのであなたも最初の一歩を踏み出して、人妻にモテる人生にシフトしていきましょう。
出会いが見つかる安心の老舗優良出会い系サイト PCMAX

 

【公式】PCMAXに登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました